花粉症じゃなくても知っておきたい!花粉症の基本知識・予防と対策

kafunshou

<就活生におすすめ!パート1>
無料で登録してスカウトと焼肉をもらおう!

学生生活大百科の学生ライターも使っています!


<就活生におすすめです!パート2>
メディア業界を目指すなら登録必須のサイト!

学生生活大百科のライターで広告系に就職した学生もほぼ登録していました!


学生生活大百科では記事を書いている学生ライターが実際に使ってみて、本当にいいと思ったサービスしか紹介していません。上記サービスも非常に評判がよく、登録ももちろん 無料なのでぜひ登録してみてください!

春といえば花粉が舞う季節。ひどい花粉症で悩む人も多いと思います。
早くても1月から舞い始めるものもあります。早めの対策をしていきましょう。

花粉症はなぜ起こるか。

花粉症はアレルゲンによって人の体が引き起こすアレルギー反応です。これは人の免疫機能が関わっています。
まず、花粉が体に入るとIgEという抗体が作られます。この抗体は次に花粉が体に入ってくるとマスト細胞という免疫細胞に働きかけ、活性化させます。
マスト細胞が活性化すると

  • 鼻水の分泌を促す
  • かゆみを誘発する
  • 気道を狭くする

といった花粉症の症状が出てきます。
花粉症の症状に悩む人は、IgEを産生しやすい人と言えます。

花粉の種類

花粉にはたくさんの種類があります。
多くの人は2月から4月に飛散のピークとなるスギ花粉を気にするかもしれませんが、他にも

  • 3月から4月に飛散のピークとなるヒノキ科
  • 5月から飛散し始めるイネ科
  • 8月から9月に飛散のピークとなるブタクサ属

など多種多様でピークとなる時期も異なります。
また人によってアレルギー反応が出やすい花粉は違います。
耳鼻科で血液検査をするとどの花粉に対して症状が出やすいのか調べてくれるので、一度知っておいたら対策がしやすいです。

症状を抑えるには??

花粉症はアレルギー反応です。アレルゲンを取り込まない限りアレルギー反応は起こりません。症状はアレルゲンに曝されるほど強くなるのでなるべく取り込まないことが大切です。
しかし花粉は大きさ約20~40μmでとても小さく、飛散しやすいので普通のマスクだと小さな隙間から入ってきてしまいます。
対策としては

  • 花粉情報をチェックする
  • 飛散量の多い時間帯(1時~3時)の外出をさける
  • 花粉用(99.9%カットなど)のマスクをつける
  • 帰宅時に花粉を払い落とす
  • 帰宅後に洗顔やうがいをする

以上のことが基本的に有効です。

しかしそれでも花粉に敏感な人は苦しい症状が出てしまいます。
そんな人は我慢せず耳鼻科を受診しましょう。
抗ヒスタミン薬など炎症を抑えてくれる薬で症状が改善します。
また症状が出る前に予防的に薬を飲むことも有効です。

いかがだったでしょうか。
十分な対策をして花粉の症状から少しでも楽に生活したいですね。

こちらも運営しています!悩みから150以上の就活サービスを探せる、就活ドットコム!
企業から選ばれるのではなく、企業を選ぼう!

  • 就活トッドコム

今の時期にこそ
知っておきたいことを特集しました!

  • 長期アルバイト特集
  • 説明会、ES、面接、就活スタードダッシュ
  • 新生活サポート

こちらの記事もおすすめです

学生生活大百科は
学生が『今』知りたいことを
届けるメディアです