【新年度に向け留学準備】長期の語学留学で得られる資格とは?

【新年度に向け留学準備】長期の語学留学で得られる資格とは?

<就活生におすすめ!パート1>
無料で登録してスカウトと焼肉をもらおう!

学生生活大百科の学生ライターも使っています!


<就活生におすすめです!パート2>
メディア業界を目指すなら登録必須のサイト!

学生生活大百科のライターで広告系に就職した学生もほぼ登録していました!


学生生活大百科では記事を書いている学生ライターが実際に使ってみて、本当にいいと思ったサービスしか紹介していません。上記サービスも非常に評判がよく、登録ももちろん 無料なのでぜひ登録してみてください!

長期の語学留学は、期間も長いため何か資格を取り形に残したいと考えている人が多いのではないでしょうか?
語学留学をする中で、TOEICのスコアUPなど明確な目標を立てると語学力の伸びが変わってきます。また、語学留学にはたくさんの可能性があり、仕事や生活に役立つ資格取得や正規留学に挑戦するためのステップになります。
今回は、長期の語学留学で得られるものについてお伝えします!

長期の語学留学とは?

一般的に、3カ月以上の学生ビザの取得が必要な留学をさします。
多くの人が半年~1年間の留学を選ばれるようです。その理由としては、1番は語学力を最大限に伸ばしたいと考えている人が多いためです。長期留学は、基本的にアルバイトは禁止されており、平日は語学学校に通うため勉強に集中したい方にぴったりです。
また、長期間の海外生活となるため、学校を休学していく人が大半を占めます。

語学留学の可能性

長期の語学留学をする人には大きく分けて2パターンがあります。
1つめは、就職活動や生活に必要な資格を取得したい方。将来英語を使う仕事をしたいと考えている人や、入社の際にTOEICで一定のスコアが求められる方。
2つめは、海外の大学や大学院、専門学校などへの進学を考えている方。
語学留学は、4技能(読み・書き・話す・聴く)を偏りなく伸ばすための授業はもちろんのこと、その先の目標に進むためのステップとしての役割もあり、TOEICコースや大学進学準備コースなど様々な目的に合わせたコースが用意されています。
これらをうまく活用して、効率よく語学力を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
115

どんなコースがあるの?

基本的なコースとして一般英語コースがあります。多くの学生が一般英語コースで4技能を伸ばした後、その他のコースに変更するケースが多いです。
その他のコースとして目的に合わせ、TOEFLコース、ビジネス英語コース、TOEICコース、IELTSコース、ケンブリッジ検定コース、大学進学準備コースなどがあります。これらのコースは、一般英語コースと同様に英語で資格取得のための授業を行うため、一定レベル以上(中級以上)が求められます。

人気のコース

目的によって取るべきコースは変わりますが、人気のコースを2つ紹介したいと思います。
まずはTOEICコース。日本では英語力を確認するための主流の資格となります。企業によって一定のTOEICスコアを求めているところもあり、就職の際に必要という方も多いのではないでしょうか。このコースでは、TOEICの傾向や対策、時間内で問題を解くテクニックなどを中心に学ぶことができるため、効率よく勉強したいという方におすすめです。
次は、ケンブリッジ検定コース。イギリスにあるケンブリッジ大学が開発した英語力判定試験であり、ヨーロッパ圏では一番有名な英語の資格となります。この資格は、スコアではなく合否で判断されるもので有効期限がなく、一生ものの資格になります。この資格は5レベル(KET/PET/FCE/CAE/CPE)に分かれており、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングのスキルを偏りなく伸ばすことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
長期の語学留学といっても、どんな英語力を身に付けたいのかによって幅広い目的に合わせたコースが用意されていると感じていただけたのではないでしょうか。
上手に活用して楽しみながら語学力を伸ばしてみてください。

こちらも運営しています!悩みから150以上の就活サービスを探せる、就活ドットコム!
企業から選ばれるのではなく、企業を選ぼう!

  • 就活トッドコム

今の時期にこそ
知っておきたいことを特集しました!

  • 長期アルバイト特集
  • 説明会、ES、面接、就活スタードダッシュ
  • 新生活サポート

こちらの記事もおすすめです

学生生活大百科は
学生が『今』知りたいことを
届けるメディアです