【履修登録】簡単?難しい?大学生の第2外国語選択のポイント

e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s

<就活生におすすめ!パート1>
無料で登録してスカウトと焼肉をもらおう!

学生生活大百科の学生ライターも使っています!


<就活生におすすめです!パート2>
メディア業界を目指すなら登録必須のサイト!

学生生活大百科のライターで広告系に就職した学生もほぼ登録していました!


学生生活大百科では記事を書いている学生ライターが実際に使ってみて、本当にいいと思ったサービスしか紹介していません。上記サービスも非常に評判がよく、登録ももちろん 無料なのでぜひ登録してみてください!

大学の履修科目、今期はもう決めましたか?
今回は、第二外国語を選ぶにあたって大事なことと、それを踏まえたおすすめ第2外国語のご紹介です!

第2外国語を選ぶにあたって大切なこと

  • 単位がとりやすい授業である
  • 将来性のある言語である
  • 勉強に専念出来るのは学生のうちだけなので、本当に興味のある言語である
    この3つです!それでは筆者のおすすめをご紹介いたします!

中国語

1f39e84b9f74102ae3758fe889c24c2b_s
中国語は発音がとても難しいです。最初は発音練習ばかり繰り返されます。
ただ、文法がすごく簡単なんですよ。第2外国語の期末試験で口頭試験はないと思うので、単位はかなりとりやすいでしょう。
また、日本には中国人の方が多いので、彼らに大学で教わった中国語を話しているうちに興味が湧いて、中国に留学までしてしまった学友がいました。普段から使ってみることが出来るので、興味を持ちやすい言語だと言えますね。
さらに中国とのビジネス関係がある企業はとても多いので、授業で基礎を身につけ、検定などを受けて合格すれば、入社試験での評価は上がるでしょう。

韓国語

03f84476e9ddac123e53b4b492b46b56_s
これはハングルさえ覚えれば第2外国語程度なら余裕で単位が取れるそうです。
ハングルは日本人にとっては非常に覚えやすく、2時間もあれば覚えてしまうことが出来るそうです。というより、2時間で覚えられない人など相当やる気がない人だけらしいです。皆さん単位がかかっているので2時間で覚えることができるでしょうね。
また、韓国語はテレビなどでも耳にすることが多く、聴きとれると嬉しいので学習意欲が湧く学生さんも多いとか。もちろん韓流ファンにはおすすめの科目です。

ポルトガル語・スペイン語

df67f7def3d7aade88b589dfffe92ce3_s
この2つはとても似た言語です。一般的には、スペイン語がおすすめされます。なんといっても、南米や中米で使用される言語の多くはスペイン語のため、話せる人が多いのです。そのため、英語圏の人はスペイン語を第二言語として勉強する人も少なくありません。
しかしながら、筆者のおすすめは断然ポルトガル語です。なぜなら日本にはポルトガル語しか話せない日系ブラジル人の方が非常に多く、極めれば彼らを雇用する企業、または彼らの通う学校、なんなら役所にと、就職先の可能性が広がるからです!
南米ではブラジル以外はスペイン語が話されていますが、日系ブラジル人の方から伺ったところ、この2つの言語、ものすごく似ているので、ゆぅ~っくり話せば通じるそうです。
それに、筆者も少し教わったことがあるのですが、英語や日本語の訓読みとは違い、アルファベット表記でローマ字のように発音の仕方が決まっているので覚えやすいですよ♪

ドイツ語

73fa76f209f07168a4d8fc0bcef265cc_s
こちらもローマ字のように文字によって発音の仕方が決まっているので、ネイティブのような発音は出来なくても発音を覚えるのは簡単です。あと、なぜかかっこいい印象を受ける言語です。理由は分からないのですが…。
かく言う筆者も本を買ってきて独学で勉強中です。理由はテレビでドイツのビジネスマンがドイツ語で話していたのですが、それがなぜかすっごくかっこよかったからなんです。ちなみに筆者の父は大学時代に第2外国語でドイツ語を習っていたのですが、やはりかっこよく感じて真剣に勉強したらしく、大学を卒業してもう40年以上経つのにいまだに大学時代に習ったドイツ語を覚えていて、自慢げに話して解説してくることがあります。

鬼門です!やめた方が良い?フランス語

a7d07d55dd4b86789047180171c35a1c_s
発音も文法も例外が多く不規則です。
筆者の大学時代の中国民俗学の教授は大学教授になれるくらいなので頭は良いはずなのですが、それでも大学時代の第2外国語で履修したフランス語が全く覚えられず、仕方なく期末試験前にヤマをかけ、教科書の例文の日本語訳を丸暗記してなんとか合格したそうです。
ただし、前述の通り、勉強に専念できるのは学生時代だけです。フランス映画が好き、フランスの作家が好き、などの理由で本当に興味がある方は履修すべきだと思います。
ちなみに国連の採用条件に「英語またはフランス語が堪能であり職務遂行が可能であること」とあり、極めれば国連に就職が決まるかも知れません。
ただし、「なんとなくかっこよさそう」と思われる方はフランス語ではなくドイツ語を、「ちょうど時間が空くから授業を埋めたい」という方は他の授業を履修してください。

まとめ

いかがでしたか?筆者は書いていて、まとめとして言いたいことは「フランス語だけはやめておけ」ということです。周りの友人たちに聞いたところやはり「期末試験が簡単」という理由で、中国語を推す人が多かったです。

こちらも運営しています!悩みから150以上の就活サービスを探せる、就活ドットコム!
企業から選ばれるのではなく、企業を選ぼう!

  • 就活トッドコム

今の時期にこそ
知っておきたいことを特集しました!

  • 長期アルバイト特集
  • 説明会、ES、面接、就活スタードダッシュ
  • 新生活サポート

こちらの記事もおすすめです

学生生活大百科は
学生が『今』知りたいことを
届けるメディアです