国家公務員総合職と一般職(Ⅰ種とⅡ種)の意外と知らない違い

sumb_kokkakomuin

<就活生におすすめ!パート1>
無料で登録してスカウトと焼肉をもらおう!

学生生活大百科の学生ライターも使っています!


<就活生におすすめです!パート2>
メディア業界を目指すなら登録必須のサイト!

学生生活大百科のライターで広告系に就職した学生もほぼ登録していました!


学生生活大百科では記事を書いている学生ライターが実際に使ってみて、本当にいいと思ったサービスしか紹介していません。上記サービスも非常に評判がよく、登録ももちろん 無料なのでぜひ登録してみてください!

企業以外の就職の選択肢の一つとして、国家公務員を志す方も少なくないと思います。
国家公務員には種類があり、特に大卒では総合職と一般職(2012年にⅠ種・Ⅱ種の変わりに新設)があることは有名ですね。
総合職と一般職がそれぞれどのように違うのか知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで、国家公務員の総合職と一般職の違いについて、概要昇進給与の3点に着目してまとめてみました。

目次
1.国家公務員総合職、一般職の概要
2.昇進について
3.給与について

国家公務員総合職、一般職の概要

総合職(旧Ⅰ種)とは

総合職では、政策の企画立案など、高度な知識やスキル、経験を問われる業務に携わります。いわゆる「キャリア」と呼ばれる各省庁の幹部候補生がこちらにあたります。本省庁と地方支分部局での任務を往復しながら、早いスピードで昇進していきます。若手から国家レベルでの決定を行うなど、第一線で活躍することができ、公務員の中でも特に人気が高い職種です。

一般職(旧Ⅱ種)とは

一般職試験は、主に、法律や政令などの行政の執行に関わる手続きや、運用などの事務処理等の業務に携わります。一般企業でいう一般職(事務職)にあたる仕事です。専門分野でのスペシャリストとしての仕事や、また幅広い分野でゼネラリストとしての仕事など、一般職の中でも様々な働き方があります。一般職の合格者は中堅幹部候補生となり、本省庁のほか地方機関での採用もあり、東京以外の地域や地元で働きたい人にも適しています

昇進について

総合職、一般職の大きな違いとして、その”昇進のスピード”と、”昇進できる役職の違い”があります。
総合職では、事務次官という役職にまで昇進できる可能性があります。事務次官とは、内閣府及び各省にいる官僚のトップのことです。 つまり、国家公務員試験を合格した職員にとって、最高位の役職となります。事務次官に及ばずとも、官僚としてより重要なポストに就任できるのは総合職です。
しかし、もちろん総合職であっても、中央省庁(本府省)の課長級のポストにもつけない可能性があります。なぜなら、課長級以上のポストは限られており、すべての総合職にその昇進できるわけではないためです。

一方、一般職では総合職ほどの昇進は見込めません。総合職ほど若手の頃から責任ある業務を担うことはないため、必然的に就けるポストも変わるためです。これまでにもっとも昇進した例では、中央省庁(本府省)の課長級があります。一般職であっても、目覚ましい活躍をすれば総合職なみに昇進できる可能性があるということです。

給与について

国家公務員の給与はシークレットな部分が多い

国家公務員の給与については”「月収」”の詳しい情報は公表されていますが,”「年収」”に関する情報はあまり公表されていません。そこで、民間企業の基本給に相当する俸給と、地域手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当(いわゆるボーナス)などの手当を加味して算出し、ある程度推測することは可能です。

勤務する省庁や階級によって差が出る

国家公務員の給与は、職種及び階級で異なります。国家公務員には事務次官や課長などの役職の違いの他に、1級から11級までの階級があります。また、同じ国家公務員総合職といっても各省で予算の取り方も異なるため、例えば財務省などは手当がつきやすく、その分の給与が高くなっているようです。また外務省など海外勤務になると特別手当が支給されるので、同じ官僚でも勤務する省庁によって給料・年収にも多く差が出てくるようです。

総合職、一般職のモデル給与

総合職ではキャリアとして重要な任務にあたり責任も重い分、年収も一般職より全体的に高めになっています。
人事院のWebサイトでは、モデル給与を公開しています。(*)
それによると、総合職のトップである事務次官では月収が138万5,320円、年収が2,249万円1,000円になるそうです。

また、一般職では一般企業のいわゆる事務と同様の仕事も多いため、一般企業と同様のレベルか、それより少し少ないレベルのと言われているようです。
一般職でもなれる可能性のある中央省庁(本府省)課長では、月収が72万2,632円、年収が1,180万9,000円になるそうです。また、地方機関課長では月収44万1,600円、年収は699万円9,000円程度、係長では28万円~32万円前後、年収は460万円~520万円前後などのケースが公開されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。同じ国家公務員と言っても大きな違いが感じられましたね。
大切なのは、自分にあった働き方はどちらに近いかということ。自分が仕事で大事にしたい条件を考えた上で、志望する役職を検討してみてください。

*参考・出典URL:
平成27年人事院勧告:http://www.jinji.go.jp/kankoku/h27/h27_top.htm
国家公務員Career Guide:http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/recruit/howto/index.html

こちらも運営しています!悩みから150以上の就活サービスを探せる、就活ドットコム!
企業から選ばれるのではなく、企業を選ぼう!

  • 就活トッドコム

今の時期にこそ
知っておきたいことを特集しました!

  • 長期アルバイト特集
  • 説明会、ES、面接、就活スタードダッシュ
  • 新生活サポート

こちらの記事もおすすめです

学生生活大百科は
学生が『今』知りたいことを
届けるメディアです