【2018卒】広告・マスコミ・IT企業・業界に就活する学生にオススメのサービスまとめ

img_0608

<就活生におすすめ!パート1>
無料で登録してスカウトと焼肉をもらおう!

学生生活大百科の学生ライターも使っています!


<就活生におすすめです!パート2>
メディア業界を目指すなら登録必須のサイト!

学生生活大百科のライターで広告系に就職した学生もほぼ登録していました!


学生生活大百科では記事を書いている学生ライターが実際に使ってみて、本当にいいと思ったサービスしか紹介していません。上記サービスも非常に評判がよく、登録ももちろん 無料なのでぜひ登録してみてください!

※2017年6月17日追加更新

6月を迎え、いよいよ、本格的な就活シーズンとなりました。
広告・マスコミ・IT・PR企業、特に大手の広告代理店である電通・博報堂あたりの就活は、まさに今がピークを迎えているのではないでしょうか。
すでに内定をゲットしている人もいる一方で、まだ1つも内定をもらえていない・・・と焦っている人もいるかもしれません。
筆者は新卒で広告業界に入り、現在も働いているのですが、就活時代にはいろんな企業を知ったり就活相談にのってもらうために、
複数の就活系サービスに登録し、常にチェックしていた覚えがあります。

そこで、筆者が実際に就活時代に登録し、利用していたオススメの就活サービスをまとめてみました。

広告・PR・デジタル・IT業界の就活に「新卒アドベンチャー2018」

FireShot Capture 12 - 新卒アドベンチャーズ2018 I 広告・PR・デジタル・IT業界の就活・就_ - https___shinsotsu.adventurez.jp_2018_

画像出典:https://shinsotsu.adventurez.jp/2018/

広告・PR・デジタル・IT業界への就職活動なら、新卒アドベンチャーがオススメです。
業界に特化した就活支援イベントを行っているほか、プロのキャリアコンサルタントによる個別の就活相談会なども頻繁に行っており、サポートも手厚いです。
同じ広告業界に特化したマスナビ(次に紹介)と比較すると、相談相手であるキャリアコンサルタントの名前やプロフィール、顔(イラスト)も紹介されているため、
「どんなキャリアを歩んできたかわからない人・顔も見えない人に就活の相談するのは抵抗がある」という人も、安心して相談会に参加することができます。
3d030097702ebe20f4a65a5df336daad

画像出典:https://shinsotsu.adventurez.jp/2018/events/view/381

相談会やイベント情報も頻繁に更新されているため、頻繁にチェックしてみると良いでしょう。
【おすすめポイント】

  • 広告・PR・デジタル・IT企業の就活情報が掲載されている
  • 就活支援イベントや企業説明会などの情報を掲載
  • 「顔の見える」キャリアコンサルタントへ相談できる
  • サイト全体が見やすく使いやすい

広告・マスコミ・Web系就活に 「マスナビ2018」

FireShot Capture 7 - 広告就職・就活ナビ『マスナビ2018』 - https___www.massnavi.com_2018_

画像出典:https://www.massnavi.com/2018/

マスコミ関連の業界の企業情報やインターンシップ情報が掲載されています。
マスコミ系の企業との関係性も深く、マスコミや広告関連のセミナー・講座やコンペなどを行っている宣伝会議グループであるマスメディアンが運営しています。
そのため、安心して登録することができるほか、会社説明会・業界研究セミナーや就活講座、相談会、インターンシップ、ES添削会やOB・OG訪問などのサービスの登録者のみが参加できる独自のコンテンツも充実しています。
また、厳選された企業の説明会や選考会の案内があるため、広告・マスコミ系に興味はあるけどどんな企業や職種があるかわからないという方でも安心して参加することができます。

【おすすめポイント】

  • マスコミ関連の企業情報や選考エントリーができる
  • 会員登録者限定の説明会やセミナー・インターンシップも充実
  • 宣伝会議グループが運営

筆者も数年前、広告・IT・マスコミ業界をメインに就活をしていましたが、
マスナビ経由でしか参加できないインターンシップの紹介もあり、登録しておいて良かったと思っています。




【マスナビ】

ゲーム・アニメ・テレビなどエンタメ・クリエイティブ系全般なら「クリ博ナビ2018」

クリ博ナビ
FireShot Capture 8 - クリ博ナビ2018 -マスコミ・コンテンツ業界の就活情報サイト - https___www.kurihaku.jp_2018_

画像出典:https://www.kurihaku.jp/2018/

ITや広告、マスコミに加え、テレビや映画、CM制作などの映像系や、ゲームやアニメ業界も加えたエンタメ業界で就活したい方にオススメのサービスです。
クリエイティブ系の企業のここだけの求人情報や説明会情報、合同説明会なども掲載されているので要チェックです。
筆者も合同説明会に参加したことがありますが、IT広告ではサイバーエージェント、広告代理店では電通・博報堂など、映像では日テレや東宝といった、
超大手の企業もあつまることがあります。総合職や一般職のほか、エンジニアやデザイナー・アニメーターなどのクリエイター志望の人にもオススメのサービスです。
https://www.kurihaku.jp/2018/

日本最大級就活サービス「マイナビ」・「リクナビ」もマスコミ就活に活用しよう

FireShot Capture 9 - 【就活ならリクナビ2018】新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト - https___job.rikunabi.com_2018_

画像出典:https://job.rikunabi.com/2018/

言わずと知れた大手の就活サービス。どちらか1つは登録している人がほとんどではないでしょうか。
掲載されている企業数はなんとリクナビで約28,000社、マイナビでは約21,000社(2017年6月現在)。
マスコミ業界に限らず、オールラウンドにさまざまな業界の求人情報が揃っています。

この2つのサイトでは、マスコミ系の企業をする際にも、掲載数が多いため、候補を絞りこむのに一苦労します。
そこで筆者おすすめの使い方は、

  • ①サイト内に広告を出している企業をチェックすること
  • ②業界で絞り込んで検索したときに、どの企業が上に出てくるのかチェックすること

です。
①の、広告を出しているということは、採用にかける予算があるということ、つまり、その会社には
採用に費用をかけるだけの人的・予算的な余裕がある企業ということがわかります。
採用活動には意外と多くのお金が絡んでいるので、こういったサイトに広告がだせるということは、かなり広告費などを支払っている証拠なんです。
ということはそれなりに儲かっている企業であるか、(あなたが知らないだけで?)有名企業なのかも、という可能性が出てきますね。
そういった企業を1つ1つ調べていけば、業界研究や企業研究にもつながります。
もちろんそういった広告から説明会など選考に参加するのもアリだと思います◎。

②も同様に、検索して上位にでてくるということは、その企業は検索時に上位にでるようにPR費用を払っている可能性があります。
ということは予算がある企業だ・・・、とわかるわけです。

ちなみに、マスコミ業界を志望している人でも、厳しいことを言うようですが本当は別の業界が向いているという可能性が0ではないです。
ですので、筆者としては様々な業界にエントリーしておくこともオススメしておきます。
いったん会社に入ってから合う合わないを考えるのも良いでしょう。が、入ってから後悔した場合、いざ辞職や転職活動をするのも大変なので、
あらかじめ自分にあった仕事・業界を探すため、こういった総合的に様々な企業情報を手に入れられるサイトから情報を収集し、しっかり就活をやっておいて損はないでしょう。

リクナビ:https://job.rikunabi.com/2018/
マイナビ:https://job.mynavi.jp/2018/

今の時期にこそ
知っておきたいことを特集しました!

  • 長期アルバイト特集
  • 説明会、ES、面接、就活スタードダッシュ
  • 新生活サポート

こちらの記事もおすすめです

学生生活大百科は
学生が『今』知りたいことを
届けるメディアです