こんなに違う!公務員と民間企業の違い

img_komuin

<就活生におすすめ!パート1>
無料で登録してスカウトと焼肉をもらおう!

学生生活大百科の学生ライターも使っています!


<就活生におすすめです!パート2>
メディア業界を目指すなら登録必須のサイト!

学生生活大百科のライターで広告系に就職した学生もほぼ登録していました!


学生生活大百科では記事を書いている学生ライターが実際に使ってみて、本当にいいと思ったサービスしか紹介していません。上記サービスも非常に評判がよく、登録ももちろん 無料なのでぜひ登録してみてください!

進路を考える学生さんにとって、公務員と民間企業の違いは気になる方もいるのではないでしょうか。
仕事面や待遇など、働き方がどう違うのか、しっかり知っておきたいですよね。
今回は、この公務員と民間企業の違いについてまとめてみました。

公務員とは

公務員は、国民に奉仕する仕事をしています。
国家公務員と地方公務員の2種類があります。警察官、消防士、自衛隊員、県庁や市役所、税務署の職員、教員など、それぞれの職務は多岐にわたります。

また、外交官やいわゆる官僚といわれる中央官庁の役人も公務員です。

公務員の仕事の特徴

公務員と民間企業の最も大きな違い、それは「活動目的」の違い。
「公僕」という言葉があるように、公務員は社会全体への奉仕義務があります。
公務員は社会全体への奉仕、つまり対価を目的としないサービスを目的としています。
彼ら公務員の仕事の特徴をあげると以下のとおりです。

・民間と違い、特定の企業・団体のためではなく、広く国民に対し平等に働かねばならない。
・自らの危険をかえりみず、災害時も命がけで働かなければならない。
・仕事の性質上、前例を第一にした仕事が多い。

公務員の仕事は、国民生活に幅広く共通する問題を解決し、社会全体の福祉を増進させることが主題ですので、民間に任せるのは適さない、インフラ整備や教育、福祉事業にも力を注ぐことができます。
民間企業では行えないような仕事でも、とくに採算をとる必要もないため、公務員なら可能な場合があります。

民間企業の仕事の特徴

一方、公務員と違い民間企業の仕事は、ひとことで言うと、モノ・価値・サービスなどを提供しその対価を得ること。つまり、経済活動を行うことで成立しています。
民間企業は、営利目的、つまり自分たちが儲けることを最大の目的にしています。
活動の対価が民間企業の設備投資や、民間企業で働く人たちの給料として支払われて豊かな社会が実現しているのです。

民間企業の仕事の特徴をあげると、以下のようになります。

・民間企業が存続するためには、利益を追求しなければならない。
・利益の追求のため、常に他社との競争にさらされている。
・アイディアや技術開発、宣伝などに力を入れ、他社との違いを出している。

公務員の待遇の特徴

公務員は民間企業と違い、国や地方公共団体から給料が支給されます。
そのため、成果主義である必要がなく、企業ほどは能力の違いよる給料の大きな違いなどは見られません。

また、犯罪などに手を染めない限り、簡単には解雇されないよう身分を保証されています。
それは、警察官や消防士など、災害時の人命救助を仕事とする公務員もいるため、安心して職務に専念できるようにとの理由からです。

民間と違い公務員の待遇として特徴的なものは以下のとおりです。

・年に2回(夏・冬)にボーナスが確実に支給される。
・全国転勤を余儀なくされる国家公務員のために、国家公務員宿舎に格安で入居できる。
・不況などがあっても給料の急な減給は無い。(ただし、一部の公務員では)

なお、長く公務員が加入していた共済年金は2015年10月1日に廃止され、一般企業と同じ厚生年金に一元化されました。
また、国家公務員宿舎は削減・使用料の段階的に引き上げがおこなわれています。

民間企業の待遇の特徴

一方で、民間企業の場合、公務員と異なり給料は民間企業の業績に応じて決まってきます。公務員とは異なり成果主義が取り入れられ、社内で成果を出し、利益に貢献した度合いだけ、給料が上がるります。
(もちろん、設備投資や借入金の返済、内部留保にも使われますので、必ずしもすぐに従業員の給料に反映されるとは限りません。)

民間企業の待遇面での特徴をあげると以下のとおりです。

・企業の業績に応じてボーナスが支給される。ボーナスは公務員を上回ることもあれば、業績によっては支給されないこともある。
・大企業や利益のあがっている企業などでは給与面、福利厚生面などで充実しており、公務員よりも高待遇のことがある。

なお、民間企業の場合、公務員と違い身分保障がありません。企業の業績が悪くなると最悪の場合、解雇という事態も待っています。就職の際には、このような待遇の違いにも注意を払いたいですね。

公務員向き?民間企業向き?向いてる人の特徴とは

公務員と民間企業のどちらを選択するにしても、それぞれの仕事内容・待遇に違いがあり、一概にどちらがよいというのは難しいですね。
でも、就職に際してはどちらか一方を選択しなければなりません。そんなときは、周りの人の意見も聞いたり、最終的には自分の価値観を基準に判断しましょう。

公務員向きな性格(一例)

公務員では、社会全体への奉仕者という性質や、職務内容から、以下のような人が向いていると言われています。

・まじめで正義感が強い人
・倫理観がしっかりしている人
・コツコツと仕事に励む堅実な人
・協調性のある人

民間企業向きな性格(一例)

一方、民間企業の場合、利益を出し続けるためにライバル企業との競争に勝ち抜くことが必要です。したがって、次のような性格の人が民間企業に向いていると言えるでしょう。

・他人の競争が好きな人
・個性の強い人
・アイディアを考えたり、企画するのが好きな人

いかがでしたでしょうか。すこしでも公務員と民間企業の違いが分かりましたか?
ここにまとめたことは一般の傾向ではありますが、民間企業では待遇も職務も千差万別ですし、公務員でも場所により待遇や職務も全く異なります。
就職では自分にあった仕事を選択するのが大切なので、実際に働く方と話してみるなど、
自分で納得の選択が出来るよう頑張ってみてください!

合わせてよく読まれています

就活中でも、就活が終わっていても企業の人事が何を考えているのかを知ることは、これから迎える社会人生活において重要なことです。
面接でよく聞かれる学生時代に頑張ったことの質問の意図と答え方

『私服でお越しください』と企業から言われたこともあったのではないでしょうか?
何も考えずにとりあえずスーツで行った、という人もいるかと思いますが、こちらもやはり人事の気持ちや意図を知ることで他の学生と一歩差をつけることができると思います。
「私服でお越しください」と言われた会社説明会や面接。実際はどんな服装で行ったらいい?

こちらも運営しています!悩みから150以上の就活サービスを探せる、就活ドットコム!
企業から選ばれるのではなく、企業を選ぼう!

  • 就活トッドコム

今の時期にこそ
知っておきたいことを特集しました!

  • 長期アルバイト特集
  • 説明会、ES、面接、就活スタードダッシュ
  • 新生活サポート

こちらの記事もおすすめです

学生生活大百科は
学生が『今』知りたいことを
届けるメディアです