「私服でお越しください」と言われた会社説明会や面接。実際はどんな服装で行ったらいい?

img_shifuku

<就活生におすすめ!パート1>
無料で登録してスカウトと焼肉をもらおう!

学生生活大百科の学生ライターも使っています!


<就活生におすすめです!パート2>
メディア業界を目指すなら登録必須のサイト!

学生生活大百科のライターで広告系に就職した学生もほぼ登録していました!


学生生活大百科では記事を書いている学生ライターが実際に使ってみて、本当にいいと思ったサービスしか紹介していません。上記サービスも非常に評判がよく、登録ももちろん 無料なのでぜひ登録してみてください!

※最終更新2017年6月20日

就活の面接や合同説明会などで、

  • 「当日は私服でお越しください」
  • 「常識の範囲内の普段着でお願いします」

と私服で来るように指示をされることがあります。

「就活といえばスーツ」という常識・イメージがあるので、
「私服で来てください」や「この説明会は服装自由です」と言われると、
かえって何を着ればいいか、困ってしまいますよね。

そこで、「私服でお越しください」と言われた時に、何を着ていけばいいのか、
また企業の方はどのような理由でそう言っているのか、解説します!

私服自由の理由は常識やセンスの判断など様々

「私服でお越しください」という指示には、企業や業種によってさまざまな意図があると言われています。

  • 「私服でお越しください」と言われたときに自発的に
    礼儀をわきまえた服装ができる人であるかを見極めようとしている
  • 堅苦しくなく、カジュアルな雰囲気で就活生に会いたい(IT・ベンチャーなど)
  • 私服を見て、自社への志望者のファッションセンスを見たい(アパレル業界)
  • 暑い中、スーツを着るのは大変だろう…という
    心遣いから(現場での仕事の多い、メーカー等に多い)

このように、なんらかの意図があって私服で来てくださいと指示を出している企業がほとんど。
無難にスーツで行こうとすると、逆に
なぜあえて指示を無視したのだろう」といぶかしがられたり、
悪目立ちしてしまう可能性があります。

事前に他の企業のスーツでの面接があったとしても、
服装自由の合同説明会や面接には私服に着替えて行くべきでしょう。

OKな私服「ビジネスカジュアル」ならバッチリ!

私服とはいっても、面接はビジネスの場。あまりにだらしがない格好や、
カジュアルなファッションは面接の場にふさわしくありません。
そこで、私服での面接にオススメな服装「ビジネスカジュアル」を紹介します。

「ビジネスカジュアル」を身につければ、スーツのようにかっちりしすぎることなく、フォーマルな場にふさわしいファッションができます。
それでは、男性・女性の場合に分けて解説していきます。

男性のビジネスカジュアル

まず、男性のビジネスカジュアル。
男性のビジネスカジュアルはかなり簡単!以下の4つのポイントを押さえるだけでOKです。

  • 黒・灰・茶色のジャケット
  • シャツ(白が無難ですが、薄い青・ピンク・灰なども可)
  • スラックス・チノパン
  • 革靴(茶色・黒)

img_shifuku_mens

この4つを組み合わせれば大丈夫です。
この組み合わせのビジネスカジュアルであれば、硬すぎる印象も、
ダラけすぎた印象にもならず、面接の場にふさわしいといえます。

女性のビジネスカジュアル

女性のビジネスカジュアルは、許容範囲が広く、派手すぎない格好でなければ認められます。
以下で、「こうしとけば無難」な組み合わせを紹介します。

  • ジャケット
  • ブラウス or シャツ
  • 灰・茶・紺・黒など落ち着いた色のスカート・パンツ
  • 茶・紺・黒など落ち着いた色のパンプス

img_shifuku_wemens

この4点を押さえておけば、無難なビジネスカジュアルファッションになります。
シャツやブラウスは、フリルなどがついていても大丈夫でしょう。
女性の場合は比較的自由度が高いので、個性を出したい人や、よりおしゃれに着こなしたい人は、
先輩社員の私服を採用ページ等で調べ、その系統にあわせたファッションをすると良いでしょう。

NGな私服「奇抜・個性的・だらしがない服装」は×!

企業から「私服でお越しください」と言われた場合でも、一般的に就活でNGとされる服装はあります。
基準は明確ではありませんが、一般的に就活で良くないとされる服装をご紹介します。
※ただし、アパレルや美容業界を志望している人はこの限りではありませんので、ご注意ください!

個性的な服装はNG!

就活では「私服でお越しください」と案内があった場合でも、服装で奇抜さや、個性を出しすぎる必要はありません。
一般的にNGと考えられる服装を以下にまとめました。
就活はあくまでビジネスの場ですから、奇抜な格好や、ダラシない格好はやめておきましょう。

<NG私服>
– Tシャツなどの襟なしのシャツ
– 派手すぎる色・柄のシャツ
– ジーパンなどのデニム地のパンツ類
– 革ジャンなどのラフなジャケット類
– スニーカーなどの革靴以外の靴
– 帽子などの装飾品
– リュックなどのカジュアルすぎる鞄

<男性>
– Tシャツ
– ジーパン
– 服飾学校の学生が着るような奇抜なファッション

<女性>
– ミニスカート
– キャミソールなど、肌が多く露出するもの
– 丈の短いワンピース等
– ヒールの高すぎる靴

アパレル業界志望者は、挑戦してみてもいい!

アパレルで「私服でお越しください」と言われる場合、
面接官には「私服を通して就活生のセンスを見たい」という意図があります。
無難なビジネスカジュアルで行くと「なんかつまらない」「ブランドイメージにあっていない」と評価されるリスクがあるのです。
就活生がそのブランドのテイストに合っているかが非常に重視されます。

アパレル志望者は、ブランドの雰囲気・ファッションのセンスを分析し、
ブランドの雰囲気にフィットした私服を選んで着ていくのが良いと思います。

ただし、あくまでも就活の場ですので、ここでもTPOに合わせた服装が必要です。
清潔感など最低限のマナーのほか、アパレル特有の注意点としては他のブランドのロゴが入った服などはご法度(ごはっと)です。
十分にチェックして面接に臨みましょう。

採用ページやOB訪問で先輩が来ている私服を見ておくと、「どんな服を着ていけばいいのか」がイメージしやすくなるでしょう。

じゃあ、「服装自由」の場合は?

服装自由の場合は、何を着ても「自由」なので、スーツで行っておけば間違いないでしょう。
「私服でも構いません」なら、どちらでも大丈夫です。「私服で先入観をもたれたり、低評価されたくない」と心配なら、スーツで行けば安心です。
ただし、「私服でお越しください」の指示には、必ず私服で対応してください。

まとめ

いかがでしょうか。
せっかくの就活の場、ばっちりの服装で、自信を持って面接を進められるよう頑張ってください!
あなたにあった企業が見つかるよう応援しています!

合わせてよく読まれています

『私服でお越しください』という言葉の中に多くの企業の人事の意図があることがわかったかと思います。
服装に限らず、面接の質問の1つ1つにも明確な意図があります。
『面接官はなぜこのような質問をしてくるのか』を知っていると他の学生よりも一歩抜きん出ることができると思います。

面接でよく聞かれる学生時代に頑張ったことの質問の意図と答え方

今の時期にこそ
知っておきたいことを特集しました!

  • 長期アルバイト特集
  • 説明会、ES、面接、就活スタードダッシュ
  • 新生活サポート

こちらの記事もおすすめです

学生生活大百科は
学生が『今』知りたいことを
届けるメディアです